バトミントンではなくバトミントン

こちらはバドミントンが非常に好きである、バトミントンではなく、バドミントン。最近は大いに言われないがバドミントンだ。
最近のバドミントンの主題は闇カジノ問題でユーモア興奮人物してしまったが基本、バドミントンはハードで硬派な取り組みだ。
外套全体をまんべんなく動き回りチャンスが来れば高速スマッシュを叩き込む。正に硬派だ。
で、こちらは得意なのはスマッシュを打つ事、社会人になってから更にスマッシュが少なくなったのである。
学生時代にはさほどしていなかった腕立て伏せという腹筋を不可欠の合間にがっつりやり込んです。
白紙ウィークで別個800回と1,000回。週に3回から4回して生じる。(ワンデイなら別個200、250回だけど)。
とはいえ、学生時代のように走り抜ける位元気では無いので、スマッシュを戻るという初めて動けないのがデメリット。
それでダブルスでスマッシュを打って返されたら相方に任せているようにやり遂げる。
また、自分に楽な、球が来るようにラリーを推測する事も昨今得意になった。大人になった気がする。http://xn--cckea5ae0bylxgnda8069g.net/